生漢煎の飲み方について

生漢煎 防風通聖散を飲むもっとも効果的なタイミングは?

更新日:

飲むタイミング

脂肪を分解・燃焼・排出してくれる効果がある「生漢煎 防風通聖散」。

その効果を100%引き出すためには「正しい飲み方」で服用するこが大切です。

プロテインを飲んでいる人はわかると思いますが、ゴールデンタイムというもっとも効果的な飲むタイミングがあります。サプリやおクスリなどは、効果を最大限に引き出すために飲むタイミングがキーポイントになります。

それと同じで漢方薬も飲むタイミングが大事です。

生漢煎 防風通聖散の飲み方で1番効果的なタイミングをお伝えいいたします。

もっとも効果的なタイミングは「食前」!

生漢煎 防風通聖散は、他のメーカーの「防風通聖散」と比べて形状が「顆粒」なので比較的カラダへの吸収は早いです。

でもせっかく飲むなら早く確実に効かせたいですよね。

生漢煎 防風通聖散の効果を最大限に引き出すには「食前30分」に飲むのが一番良いとされています。おクスリなどは一般的に食後がタイミングとしては多いですが、漢方薬は若干違います。

空腹の時の方が吸収率も高く、お腹に何か入った状態だと膜を張ってしまって効率的に吸収できないという懸念があります。

なので、1日3回を食前30分に飲むことをオススメします。

飲み忘れてしまった場合は?

1日3回1包を毎回食前に飲むのは、慣れないのでなかかな忘れがちになりますよね。

飲み忘れてしまった場合は食後すぐではなく「食間」に飲む

万が一飲み忘れてしまってご飯を食べてしまった場合は、慌てて食事中に飲んではいけません。

よく「食間」のことを「食事中」と勘違いをしている人がいますが、食事後しっかりと消化して吸収力の高い空腹時の時に服用するように心がけましょう。

メモ

食間とは

目安としては食事を摂ってから2時間後で次のご飯の30分前

食べ物のせいで薬の吸収力が弱まって効果が半減してしまうのを防ぐためです。

 

これで、飲み忘れてしまった場合も生漢煎 防風通聖散のもっとも効果的なサイクルに戻す事ができます。

ちなみに僕は飲み始めのほとんどは食前に飲み忘れて食間に飲んでいました。。

寝る前は?

食前や食感が効果的なのはわかったけど、寝る前は?と気になるでしょう。

大丈夫です。タイミングとしては寝る前も効果的なので大丈夫です。

1日3回を毎回食前にタイミングよく飲むのは、生漢煎をルーチン化するまできついかもしれません。

実際、僕も会社の付き合いが多く、毎日のように外食や飲み会が多かったので「食前」にタイミングよく生漢煎を飲む事ができませんでした。せっかく持参しているのに。。

そうなると生漢煎の飲むタイミングは必然と寝る前になってしまうのです。

タイミングとして寝る前も効果的だと言えるのは、食べたもが消化されているので食後よりも空腹度が高いからです。

でも、やはり1日3回1包を食前に飲むのがリズミカルでタイミング的にベストです。

運動しなくてもいい?

よくダイエットでサプリを検討している人に多い質問ですが、これは論外です。

ダメです。適度な運動は必ず必要です。

確かに他のダイエットサプリに比べて、厚生労働省から脂肪を分解・燃焼・排出の効果効用があると認定されていますが、薬を飲むだけで全く運動をしなくて良いのではありません

過酷な断食やハードな運動などは必要ありませんが、痩せようと努力する範囲内での適度な運動は必ずしてください。

適度な運動をすることにプラスアルファで生漢煎 防風通聖散を取り入れることで、脂肪を落とすのを強力にサポートしてくれてダイエットを加速してくれます。

あと気になることといえば、運動をする時の前か後のどちらで飲んだらいい?って質問だと思います。

これに関しては、食事に依存するので食事ベースでタイミングを作るといいです。

運動の前後は意識しなくて大丈夫です。

 

後、「昼は忘れがちで面倒なので朝と晩だけで効果が出た!」などとのネット上での口コミをたまに見かけますが、おクスリの容量通りに飲みましょう。

体格もあるので効き目は個人によってバラツキがあるかもしれません。

おクスリもそうですが漢方薬も容量を守って飲むことで効果を最大限に引き出すことができるのです。

-生漢煎の飲み方について
-

Copyright© 生漢煎マニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.