生漢煎 防風通聖散の類似品比較

【生漢煎 防風通聖散】と【ナイシトールZ】を徹底比較。コスパいいのどっち?

投稿日:

生漢煎 防風通聖散が脂肪を落とすのに効果があるとわかって購入しようと思っていたら、テレビCMやドラッグストアで類似品である小林製薬の「ナイシトール」を見かけると思います。

同じような成分や効果があるとアピールしているので、どっちを買えばいいのか迷ってしまいますよね。

生漢煎 防風通聖散とナイシトールZをコスパ重視で比較しましたので参考にしてください。

 

ナイシトールZについて

生漢煎 防風通聖散によく似た漢方である小林製薬のナイシトールは、以下の3種類あります。

  • ナイシトールG
  • ナイシトールZ
  • ナイシトール85

生漢煎と同じ満量処方

この中で、生漢煎と同じように「満量処方」でよく比較検討される製品はナイシトールZです。

小林製薬のナイシトールZはよくCMで宣伝しているので、お腹の脂肪を落とす漢方としては認知度は高いかもしれませんね。

生漢煎は顆粒タイプだったのですが、ナイシトールは錠剤タイプ。顆粒の味が苦手な人には合うかもしれません。

ナイシトールZの価格は?

  希望小売価格 楽天 Amazon
105錠(7日分) 2,268円 1,678円 1,963円
315錠(21日分) 6,480円 4,126円 4,349円
420錠(28日分) 8,100円 5,456円 5,756円

ナイシトールも少しわかりにくい料金体系ですね。。

生漢煎 防風通聖散であれば1ヶ月(30日)毎での飲みきりタイプでの価格設定になっているのですが、ナイシトールZは7日分と21日分、28日分と中途半端な価格設定。

Amazonや楽天で購入した方が若干安いです。

ナイシトールの成分や効能効果は?

防風通聖散エキス 5.0g、トウキ 1.2g、シャクヤク 1.2g、センキュウ 1.2g、サンシシ 1.2g、レンギョウ 1.2g、ハッカ 1.2g、ショウキョウ 0.3g、ケイガイ 1.2g、ボウフウ 1.2g、マオウ 1.2g、ダイオウ 1.5g、ボウショウ 1.5g、ビャクジュツ 2.0g、キキョウ 2.0g、オウゴン 2.0g、カンゾウ 2.0g、セッコウ 2.0g、カッセキ 3.0g、より抽出

添加物として、無水ケイ酸、ケイ酸Al、CMC-Ca、ステアリン酸Mg、トウモロコシデンプンを含有する

出典:小林製薬の公式サイト

 

効能・効果

体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:肥満症、高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮ふ炎、ふきでもの(にきび)

出典:小林製薬の公式サイト

生薬はほぼほぼ同じような感じです。

効能効果についてはも、ほとんど同じといっても過言ではないです。

結局、ナイシトールと生漢煎を比較してどっちがコスパいいの?

脂肪を落とす効果は、生薬から抽出される有効成分の配合量で左右されます。

成分や効果が同じなのであれば、コストや味などで詳細比較していくしかありません。

コスパ

  ナイシトールZ 生漢煎 防風通聖散
飲み方やタイプ 顆粒 1包/日 錠剤 5粒/日
吸収スピード 遅い 早い
価格 5,756円 ※1  28日分 3,900円 ※2  30日分
1日あたりのコスト 205円 130円
配合量 満量処方 満量処方
オススメ度 [star3.5]

※1・・・Amazonの価格を参考

※2・・・1ヶ月定期コースの価格

味や飲みやすさ

  ナイシトールZ 生漢煎 防風通聖散
苦い 若干甘い
粒の大きさ かなり大きい(直径1.2センチ) 顆粒だから飲みやすい
飲む回数 15錠/日 5錠×3回 多め 1日3包 少なめ
オススメ度

やはり表を見ていただくと一目瞭然です。

ナイシトールと生漢煎はダイエット効果はほぼ同じですがその他細かな部分で優劣がつきます。

同じ満量処方でも粒径タイプが顆粒タイプと錠剤で違うので、吸収スピードに雲泥の差があり顆粒の「生漢煎」の方が断然吸収スピードは早いです。

吸収スピードの速い【生漢煎 防風通聖散】の方がコスパ的にも圧倒的にいいです。味や飲みやすさの観点からも生漢煎の方が断然オススメです。

やはり効果があって初回半額キャンペーン中の生漢煎 防風通聖散がオススメです。

-生漢煎 防風通聖散の類似品比較
-

Copyright© 生漢煎マニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.